たかたかの日常ブログ

*

疲れた時にチョコレートは正しい?間違い?

      2017/05/09

あなたは疲れた時に
何を食べますか??

筆者は疲れたら
チョコレート
を食べていました。

ただ最近、一日に摂取する
砂糖の量が多いと逆に
疲れるという情報を耳に
したので、詳しく調べてみました。

 

Sponsored Link

チョコレートのカカオ成分が疲労回復!!

チョコレートと言えばカカオ、
やはりこのカカオが大事だったんです。

カカオに含まれる成分の中で、

テオブロミン
(中枢神経を覚醒させる)

アナンデミド
(脳を麻痺させ精神的疲労回復)

エンドルフィン
(気分の高揚、幸福感)

セロトニン
(不安を取る、幸福度アップ)

フラバノール
(脳の血流改善、成長ホルモン

分泌促進、血圧を下げる)

この成分が疲労回復に働く
という事です!!

 

 

チョコレートで糖尿病のリスクが減少?

 

チョコレート=甘い、糖分が多い

という事は、チョコレートを食べると

太る、糖尿病のリスクが高まると
思っていました。

ですが意外にも筆者の考えとは
全く逆のデータがある事を調べて
いくうちにわかりました。

そもそも糖尿病は血糖値が
下がりにくくなり、

色んな症状を引き起こす
病気です。

血糖値を下げにくくしている
原因の中に、

1:インスリンの抵抗性

2:酸化ストレス

3:炎症反応

があります。

実はチョコレートには
この3つの原因に対する
予防的な働きがあるそうです!!

 

この点からチョコレートを食べると、

糖尿病のリスクが減少すると、
わかってきたみたいです。

 

 

Sponsored Link

 

 いい事ばかりではなかった。

 

これまでチョコレートの、
良い事ばかりを書いてきましたが、

どんな食べ物でも食べすぎには、
注意しろ、という言葉があるように

チョコレートも例外では
ありません。

やはりチョコレートは
想像通りの、

カロリーが高い事は、
事実として認識しなければ、
ダメなんです。

板チョコを例にすると、

板チョコ一枚で

ご飯一膳分、そば一食分
もあるんです、

そう考えると、
おいしいから、疲れが取れるから
と言って、チョコレートを
食べすぎると

太ることは間違いないでしょう!!

あとは上記で書いたように、
食べすぎると、砂糖の摂取量が
増えてかえって疲労を溜める、

という恐ろしい状態に、
陥るので、そこも踏まえ
注意しなくてはいけないです。

せっかくカカオの成分で、
疲労を回復させたり、

糖尿病のリスクも減らせても、

カロリーを摂りすぎて
かえって体を疲れさせてる
事があるので、注意しましょう。

以上の事を調べて書いてきましたが、

疲れた時にチョコレートを食べるのは、
適量を見極め疲労回復が
行われるようにしないと

せっかく食べても意味が
なくなるので、注意しましょう。

やはりどんな物でも、
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」
なんて言葉が当てはまるの
かもしれません。

 

Sponsored Link

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最新5月病対策のコツとは??

  こんばんは!! 先日書いた4月病に続き、今回は 「最新5月病対策の …

no image
テスト

テキストテキストテキストテキストテキストテキスト テキストテキストテキストテキス …

意外と知らないO157、どういう病気?後遺症はあるの?

  こんにちは!!   あなたはO157を知ってますか?? …

子供はナゼ休み明けに熱を出す??その対処方法とは?

  こんにちは!! 今回は子供はナゼ休み明けに、 熱を出すのか?? & …

収納棚が増えると物まで増える!?

こんばんは! 最近部屋の片づけをして、 ふと思いました。 引っ越しの時に物をだい …

布団を干した時の太陽のいい匂いはダニの死骸?ウソ?ホント?布団の正しい干し方とは?

  こんにちは!! 夏になりいい天気が、 続きますね。時間があれば 毎 …

引っ越し先。近所への挨拶は手土産を持参?手ぶら?

「引っ越し先ご近所への挨拶には、  何を持って行くか?」 について書いていきます …

今さら聞けないオクラの下処理とゆで方?冷凍保存はできるの??

  こんにちは!! 今日筆者は、夕飯の準備をする時に、 人生で初めてオ …

年末の大掃除でぎっくり腰!どうしたらいいか??

年末の大掃除、不用意に腰を かがめたら… 「まさかのぎっくり腰」 この忙し時期に …

デカフェ、ノンカフェイン、カフェインレス、何が違うのか??

  こんにちは!! いきなりですが、筆者の妻は、 妊娠後からカフェイン …